« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の8件の投稿

2011年6月18日 (土)

HP

2011年6月16日 (木)

イベント情報

6月16日(木)

今週の18日の土曜日。

Green2のイベントのガーデンツアーが開催されます。

このガーデンツアー。

当社で外構をやって頂いたお客様のお庭にお邪魔して、

実際のお庭を見て、聴いて、触って、体感できるイベントになっているんです。

今回回るお宅のお庭についてはこちらのブログでチェックして下さい。

http://yosougaida.blog76.fc2.com/blog-entry-308.html#more

他にもこんな素敵なお庭にも行きますよ!

http://www.green2-soyo.jp/article/13859717.html

ご夫婦でガーデンライフを楽しんでおられるお宅で、とても素敵な小物がたくさん置いてあり、お伺いするたびに癒されてしまいます。

そんなお庭が見たいという方はこちらまでご連絡ください。

042-772-0381

予約がそろそろいっぱいになりそうなので、お早めに!

2011年6月12日 (日)

ファミQフェスタ

6月12日(日)

今日は相陽建設で過去、住宅や外構をやって頂いたお客様と協力業者の皆様をお呼びして、感謝イベントとして

「ファミQフェスタ」を開催しました。

社員、お客様、協力業者総勢で300人でBBQや看板作り、木工教室、チャリティーバザーを行いました。

今回自分は看板つくりの担当でしたので、看板つくりの様子を紹介して行きたいと思います。

Photo

看板作りでは、お客様に看板の色付けをやってもらったのですが、

この看板全部で10枚あり、それをすべてならべるとひとつの看板になるんです。

さてさてなんて書いてあるかは、色づけが終わったらわかりますよ!

Photo_2

熱心に看板に色を塗ってくれています。

カメラに気付かないほどの集中力。

皆一生懸命塗ってくれていましたよ!

Photo_3

あれ!?

職人さんの方が真剣にやってないですかね!?

仕上がりを見ると逆に丁寧すぎる!!笑

Photo_4

手が汚れるくらい皆一生懸命です。

一枚一枚に個性があって、見ていて飽きませんでした!

そして何より、完成したものの完成度の高さには見ている大人が感心してしまいました!笑

Photo_5

最後は手の汚れなんてお構い無しで、手をペンキに入れて、

手で書いていました!笑

ここまでお子さん達に楽しんでもらえて、開催している私たちの方が喜んでしまいました!

そして完成した看板はというと・・・・・

写真のデータを持ってないので、今度アップしますね!笑

本日お越しいただきましたお客様、そして協力業者の皆様。

ありがとうございました。

また本日お越しいただけなかったお客様。

今後こういった機会がございましたら、ぜひご参加お待ちしております。

すべてのお客様と相陽建設が出会えたのも、

何かのご縁があったからだと思います。

この出会いを私たちは大切にし、お付き合いさせて頂ければと思います。

これからも末永いお付き合いの程宜しくお願い致します。

2011年6月10日 (金)

イギリス・フランス研修最終日

イギリス・フランス研修最終日

とうとう最終日になってしまいました。

最後の一日は朝から打ち合わせをした後、

植物市場に行き、その近くのノートルダム大聖堂を見て、

飛行機に乗って帰って参りました。

最終日の写真を紹介したいと思います。

Photo

一番初めに行った植物市場。

色々なガーデンアイテムがあったのに、なぜか写真を撮ると注意されてしまいました。

ので写真は外からの一枚だけ。

Photo_2

ノートルダム大聖堂。

二つの塔が特徴的なこの形。

こちらもとても細かな装飾に加え、中に入るととても綺麗なステンドグラスなどもありました。

Photo_3

やはり目地が通ってない。(昨日のブログの続き!笑)

というか補修したのかもしれない。

Photo_4

ノートルダムの裏の公園から撮った写真。

建物もすごいが、手前のバラたちが建物をより一段と引き立ててくれてます。

Photo_5

ノートルダムの裏、サン・ルイ島にあるお菓子屋さん。

見た目が目立つのと、とても可愛かったので、即入店。

そうしたらすぐにお店の方がクッキーの味見をさせてくれ、

美味しかったので、お土産に即決定でした。

そんなこんなで島を回っていたら、すぐに時間は過ぎ、

(というより、打ち合わせが昼近くまでかかっていたので、そんなの当たり前かぁ・・・)

ホテルに戻り、飛行機まで送ってもらうことに。

道が込んでいたせいで、空港ではゆっくりとも出来ずに飛行機に乗り、

我が家のある日本へ帰国しました。

この度はイギリス・フランス研修の許可を頂きました社長を始め、

今年は行った新人タツ。同じ1FのMさん、Zさん。その他多くの社員の方にも、

お礼申し上げます。

ありがとうございました。

しっかりとこの経験を生かして行きたいと思います。

2011年6月 9日 (木)

イギリス・フランス研修6日目

イギリス・フランス研修6日目

日記が途切れ途切れになってしまいましたが、イギリスとフランス研修の内容のブログを、

更新していきたいと思います。

6日目はパリの街中を散策。

パリの街中の建築物は全てといっていいほど多くのものが歴史を感じるもので、

街中の至る所に建築史に乗っている建物が多く存在していました。

しかし街中を歩いていて感じることは。

緑などの植物の多さでした。

東京のど真ん中。新宿や東京など日本の大都市を歩いても、

いたるところアスファルトにガラス張りの建物。

など所どころにみどりを感じるところはありますが、

パリの中は樹木や公園。そして一際目立つのが、窓際で育てている色鮮やかなバラなどの植物達。

マンション住まいでも多くの人が窓にプランターをつけて植物を楽しんでいました。

そんあ街中を歩きながら、色々なものに出会いました。

まずは凱旋門。

Photo

どこを見ても細かい彫刻がされていて、こんなにすごいものをひとつひとつ作っていたのが、信じられないくらいでした。

Photo_2

凱旋門をしたから見た天上部分

ここまで細かく装飾しています。

Photo_3

しかし自分が気になったのはこの石積みの目地がそろっていないこと。

基本的には目地をそろえない場合でも1段おきには目地をそろえるものですが、

凱旋門の石積みの目地はそろっていませんでした。

この凱旋門から学んだ1つのこととしては、

とてもこだわっているポイントがあればその他のところには目が行きにくくなる。

正直言ってこの凱旋門の彫刻を見ていれば、この石の目地になんて気付かない人の方が多いはずです。

それは目地より注目するべきものがあるから。

これは庭にも通用するアイキャッチという手法に似ています。

ひとつ目に止まるものを庭の一角に作り、庭のあまり見せたくないものを見せないという手法です。

そんなことを凱旋門を見ながら考えておりました。

と次は

Photo_4

このアパートか良くわかりませんが、この可愛らしい色使いの建物が目に入りました。

すべての窓を閉めれば町並みを壊さない控えめな色使いですが、

ひとたび窓を開ければ可愛らしいピンクやオレンジ、赤などのドアが歩いている人を楽しませてくれるアイディアでした。

最後は

Photo_5

このショップ街。

昔はこのレンガ造りのものはこの上を電車が走っていたのですが、

使われなくなったので、したのアーチの部分をショップとして活用して、

更にはこの橋の上は遊歩道になっていて、たくさんの植物達が元気よく育っていました。

この昔使っていたものでも壊さずに活用する。

日本にこのようなレンガ造りのものがあってももしかしたら、壊されてしまっていたかもしれません。

こういった簡単にものを壊さずに物を再利用する考え方を、

今の日本に取り戻したいね。

などと3人で?

MさんとYさんが話していたような。笑

自分もそう思ってましたよ!

といったパリの街中でも色々と面白いアイディアだとか、考えさせられる部分などがあり、刺激的な1日でしたよ。

次回は最終日。

この研修も長いようであっという間でした。

なので次回は最終回です。

お楽しみに。

2011年6月 7日 (火)

お客様を訪ねると

6月7日(火)

今日は午前中GreenLifeのお客様のK様とお打ち合わせでした。

お時間頂きましてありがとうございました。

次回のお打ち合わせも宜しくお願い致します。

また午後はH様の現地調査を行いました、H様お伺いするのが遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

次回はご提案となりますので、宜しくお願い致します。

最後は先日外構工事をやらせていただきましたN様のところに、

表札の取替えを行ってきました。

突然お伺いしてしまい、申し訳ありませんでした。

でも嬉しいことに玄関前のアプローチがこんなに可愛くなっていました。

1

2

3

奥さんが色々な小物を使って可愛くしてくれました。

そして門柱に空けたスペースには打ち合わせの時には

旦那さんが「シーサーを置こう」と言っていたのですが、

実際中に入っていたのは可愛いうさぎなどでした!

奥さんが旦那さんが入れる前に可愛いのを入れちゃったそうです!笑

アプローチのちょっとしたところで、癒されてきちゃいました!

なんかお庭を楽しんでもらってる感じがしてとても嬉しかったです。

2011年6月 3日 (金)

イギリス・フランス研修五日目

6月3日(金)

今日は今日の話の舞台はイギリスから場所を移して、

フランスのフラワーショウについて書いて行きたいと思います。

フランスといえば、エッフェル塔や凱旋門、ノートルダム大聖堂、モンサンミッシェル、オペラ座、サヴォア邸など世界の名だたる歴史的建造物がある反面、

色々な新しいデザインのものが生み出される町だと感じました。

そのため、このフランスで開かれたフラワーショウは

かなり、普段私達が考えている庭とはかけ離れたもので、

庭と言うよりは芸術作品に近いものを感じました。

そういった作品たちを少しだけ紹介したいと思います。

Photo

竹の上に丸い鉄球が乗っていて、それを森みたいにしております。

Photo_2

金網で作られたきのこが印象的で、また置くにある黄色い花に見えるものも

色の付いた金網で作られたもので、一瞬見ただけでは綺麗な花が満開に咲いている印象を受けました。

Photo_3

あまり好きにはなれなかった作品ですが、

樹木に包帯などを巻いたり、樹木に献血したりなどしています。

地球温暖化で弱った植物達を治療するといった環境破壊を社会に訴えるメッセージがこめられた作品になっています。

こういった社会的なメッセージが込められた作品が他にも多く展示されていました。

この作品の説明が書かれたカタログがあるのですが、

全てフランス語・・・・・・

ごーーーーーーん・・・・・・

解読するには時間がかかるので、皆様には今度写真をお見せして、

ご自分で作品を見て、感じて下さい。

2011年6月 2日 (木)

イギリス・フランス研修四日目

イギリス・フランス旅行四日目

イギリスはチェルシーフラワーショウを見たため、

フランスに移動するのですが、

ユーロスターに乗る前にロンドンにあるウェスト・ミンスター寺院に行ってきました。

最近ではチャールズ皇太子が結婚した場所です。

1300年頃から立てられた建物ですが、とても細部までこだわったつくりの建物になっていました。

その寺院の中にも中庭がり回廊の中心に中庭がありました。

Photo

この中庭の周りを回廊が走っていて、少し中庭より低い位置に、

通路がありました。

これは中庭を眺めやすくするために通路を下げたのではないかと、思いました。

またこの回廊の置くには、小さな庭もありました。

こちらは中を見れなかったのですが、

少しだけ写真は取れました。

Photo_2

噴水もあり、回廊の近くにはボーダーガーデンがあり、

シンメトリーになっており、この寺院の大きさからすると小さな箱庭といった感じでした。

昔からこういった建物にもお庭があって、自然を感じられるようにしていたのだと感じました。

ここを見学した後はフランスに移動して、フランスのフラワーショウを見学しに行きました。

その内容はまた後日。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »