« 多肉を育てよう② | トップページ | 新卒採用プロジェクト »

2012年2月15日 (水)

多肉を育てよう③

「多肉を育てよう③」

新ブログバナー.jpg
自分の大好きを庭につくろう~エクステリア・外構の事なら相陽建設グリーン2まで~

2月15日(水)

今日は多肉植物を育てる環境について書いていきたいと思います。

多肉植物は基本的に、できるだけ長時間日光が当たる場所です。

日当たりの悪い場所に置くと葉が反っくり返ったり、間延びしたり、葉の色が悪くなります。

日照不足に高温と過湿が重なると、一気に株の状態が悪くなります。

では今の冬場はどうするかというと、

室内の日当たりの良い場所(1日に最低4時間以上日が当る場所)に取り込みます。

しかししつないはどうしても日照不足になりがちですので、

天気のよう暖かい日には陽だまりに出し、

夕方になったら室内に取り込むという作業を続ければ、秋についた美しい葉色を長く、

楽しむことが出来ます。

が、

くれぐれも出しっぱなしに注意してください!

そして温度は8~20度位が最適ですが、

締め切った日当たりの良い窓辺は、時に30度近くまで温度が上がることがあります。

終日20度以上あるところでは成長が始まり、

そこに日照不足や水の与えすぎが加わると徒長してしまいます。

また寒い地方では夜間

窓のそばに置くと凍ってしまうことがあるので、

厚いカーテンをかけたり、部屋の中央に移動させるなど工夫が必要です。

春になって霜の心配がなくなったら、

戸外の日当たりの良い場所に出しますが、

いきなり直射日光に当てると、

日焼けを起こすことがありますので、

薄曇の日に外に出し、徐々に慣れさせるようするといいです。

簡単に育つと思われがちの多肉ですが、

繊細なんですね!

これからもしっかりと多肉について勉強していきたいと思います。

自分の大好きを庭につくろう。
町田市・八王子市・相模原市での庭、外構、エクステリア、ガーデン、ガレージ施工
http://www.green2-soyo.jp/

相模原での新築 不動産は「0宣言の家」相陽建設まで。
注文住宅 町田 相模原 八王子
http://www.soyo-inc.co.jp/

« 多肉を育てよう② | トップページ | 新卒採用プロジェクト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1392596/44127069

この記事へのトラックバック一覧です: 多肉を育てよう③:

« 多肉を育てよう② | トップページ | 新卒採用プロジェクト »