« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の12件の投稿

2012年10月28日 (日)

ガーデニングワールドカップフラワーショー作品⑪

「ガーデニングワールドカップフラワーショー作品⑪」

新ブログバナー.jpg
自分の大好きを庭につくろう~エクステリア・外構の事なら相陽建設グリーン2まで~

10月28日(日)

初志貫徹。

長崎のガーデニングワールドカップの作品紹介も今日で終わり。

今日で紹介すると言った作品も最後。

最後は日本のガーデニング業界で一番有名だろう

石原和幸さんの作品紹介です。

http://www.gardeningworldcup.jp/gardenner/ishihara.html

作品テーマ「 床の間ガーデン ( An Alcove Garden ) 」

床の間は日本の住宅に見られる畳部屋にある座敷飾りの空間。その部屋の障子窓をがらりと開ければ、そこに庭の景色があります。庭と家は1つのもの。それを繋げる役割が床の間で、人々はこの空間で心を落ち着け話し合う事で、互いに心通わせることが出来るのです。床の間のある家が少なくなる中、僕はこの庭を通して、床の間と庭、そして家が繋がることの大切さと素晴らしさを伝えたいと思います。

Pa034860

Pa034861

Pa034862_2

Pa034863_2

Pa034864

普段作るお庭は和風のものがすごく少なくなってきていますが、

和風のお庭も素敵ですね~。

 

自分の大好きを庭につくろう。
町田市・八王子市・相模原市での庭、外構、エクステリア、ガーデン、ガレージ施工
http://www.green2-soyo.jp/

相模原での新築 不動産は「0宣言の家」相陽建設まで。
注文住宅 町田 相模原 八王子
http://www.soyo-inc.co.jp/

2012年10月27日 (土)

ガーデニングワールドカップフラワーショー作品⑩

「ガーデニングワールドカップフラワーショー作品⑩」

新ブログバナー.jpg
自分の大好きを庭につくろう~エクステリア・外構の事なら相陽建設グリーン2まで~

10月27日(土)

今日紹介するガーデニングショーの作品は、

最優秀賞を取った作品を紹介したいと思います。

Workphoto01

Workphoto03

作品のテーマ「目をそらさずに、じっと見つめて (eye to eye) 」

作品のテーマ説明

中東地域では、庭園は地上の楽園と信じられています。イスラムのコーランの教えでは、人間は神が創造し、庭で生き、死ぬと楽園に行くと言われています。

一方で中東といえば、日々紛争が耐えず、新聞では毎日のように爆弾による大量殺戮や襲撃に関する記事が報じられています。普通に生きることさえ難しく、自然も過酷で、もしかしたらそこは地球上の地獄のような所なのかもしれません。

ではいったいどうすれば、この地獄のようなところから抜け出し、天国に行けるだろうか?
それはたとえば砂漠地帯から抜け出し、水と青々とした植物が生い茂る安全な中庭へ入るようなものです。とげだらけで有毒な樹液を出す植物しか育たない不毛な砂漠地帯とは対照的な、ヤシの実やオリーブがたわわに実りバラの花があふれた場所です。

私が「目をそらさずに、じっと見つめて」と名づけたこの庭園は、3つのテーマの世界を旅するようにできています。

最初は乾燥の庭です。これは平和のない地球を象徴しています。水がなく、生存することも困難です。ここにある植物はすべて、世界のさまざまな乾燥地域から植物を集められたものです。土はなく、地面は石ころばかりでみずみずしい豊かな地球とは正反対です。植物には彫刻のような美しさはありますが、とげだらけで有毒な樹液をだします。人間は平和のない世界で生きることは難しく、苦痛であることを表しています。

次にある中庭は中東風の庭を表現しています。ここには噴水があり、水は四方向へ分かれ、それぞれ4つの水路へと流れています。座ることや、横になれる場所もあります。ヤシの実やオリーブは豊かさの象徴です。薔薇の花やジャスミン、クロッカス、他の地中海の草花がここを訪れる者の五感を満足させてくれます。乾燥の庭とは対照的な平和な世界を表しています。

最後はこの楽園に行くためのパズルを完成させることです。平和とはこの楽園へとつながる道のことです。平和への道へたどり着くためには、お互いの目を合わせ、意見を同じにしなければいけません。お互いの視点から世界をよく見つめることです。そうすることでお互いの状況をわかりあうことができ、だからこそ共感することができるのです。文化の違い、宗教の違い、人種の違い、そして政治的に異なる立場から、お互いを理解し感じあえることができます。

3つの可動式の「目」の仕切りは、平和の旅の助けになるとともに障害物にもなりえます。この「目」がバラバラだと、道の先にある中庭がよくみえません。一方、「目」が一列に並ぶことで、中庭にある楽園を見通すことができ、この地へと真っ直ぐに歩いて向かうことができます。すなわち地上の楽園である平和を見つけるができるのです。

http://www.gardeningworldcup.jp/gardenner/lim.html

この作品はお庭という空間よりは、

芸術作品と庭の組み合わせなのではないかと感じました。

こういったやわらかい発想をしないとですね~!

自分の大好きを庭につくろう。
町田市・八王子市・相模原市での庭、外構、エクステリア、ガーデン、ガレージ施工
http://www.green2-soyo.jp/

相模原での新築 不動産は「0宣言の家」相陽建設まで。
注文住宅 町田 相模原 八王子
http://www.soyo-inc.co.jp/

2012年10月25日 (木)

ガーデニングワールドカップフラワーショー作品⑨

「ガーデニングワールドカップフラワーショー作品⑨」

新ブログバナー.jpg
自分の大好きを庭につくろう~エクステリア・外構の事なら相陽建設グリーン2まで~

10月25日(木)

ガーデニングワールドカップの作品紹介も終盤。

あと3回くらいで終わってしまいます。

今日紹介する作品のテーマ「甘味にして適切なり(Dulce et Decorum est」

“Dulce et Decorum est”の句は、パルティア軍との戦いに赴くローマ軍兵士を鼓舞する、古代ローマ詩人ホラティウスの金言です。後に、イギリスの詩人ウィルフレッド・オーエンにより、第一次世界大戦中フランスの塹壕で自らが体験し会得した、「戦争とは不毛である」という想いを描写した詩の中で痛烈な風刺として引用されています。英語では‘How sweet and fitting’と訳され、文字通り「甘味にして適切なり」という意味です。
この庭では、人間が破壊した地を再生し、美しく蘇らせる自然とは「甘味にして適切なり」という意味で、壁にこの句を引用しました。ミサイル攻撃により破壊されたガザ地区の家屋の写真を見て触発されたからです。平和的な庭の空間は荒廃した住居から成り立っています。かつて、そこに住居があったことに思いを募らせ、リビングとダイニングとの間には壁があったことを彷彿させる間仕切りを施しています。背の高い植物は、庭の中に寛げる空間を、色彩豊かな低い植物は、昆虫などを介して自然の再生を促す空間を創出しています。庭に入る為には水を超えていかなければなりません。それは少し勇気のいることですが、一旦足を踏み入れれば、そこには水によるとても穏やかな空間が広がっています。

http://www.gardeningworldcup.jp/gardenner/james.html

Pa034839

Pa034840

Pa034841

Pa034843_2

Pa034845

自分の大好きを庭につくろう。
町田市・八王子市・相模原市での庭、外構、エクステリア、ガーデン、ガレージ施工
http://www.green2-soyo.jp/

相模原での新築 不動産は「0宣言の家」相陽建設まで。
注文住宅 町田 相模原 八王子
http://www.soyo-inc.co.jp/

2012年10月22日 (月)

ガーデニングワールドカップフラワーショー作品⑧

「ガーデニングワールドカップフラワーショー作品⑧」

新ブログバナー.jpg
自分の大好きを庭につくろう~エクステリア・外構の事なら相陽建設グリーン2まで~

10月22日(月)

今日紹介するガーデニングショーの作品はこちら。

http://www.gardeningworldcup.jp/gardenner/jihae.html

テーマ「母の裁縫かご」

かつて、最低限の衣食住さえも満たすことが大変だった時代、ひもじい暮らしの中でも大家族を支えてきたのは私たちの母であり、崇高な自己犠牲と献身によって家族の幸せを守っていた。

針仕事は家族を守っていくための大切な生計手段であり、使い古した針、糸、指貫や布を入れた宝箱でもあるかごは、母たちの流した涙、家族の平和、そして愛を収める貧しい家族を支えてくれた象徴的な存在であった。

この作品は、かごの中で積み重なった布の形状をモチーフにしたデザインで、貧しかった時代の郷愁をそそるそば花、ブリキ屋根、板の間、ゴム製の履物、鶏小屋などとなぞらえて、貧しさの美学に昇華させ、母たちの崇高な犠牲によって成り立つ平和と幸福の本質を語ろうとした。

Pa034834


さすがモニュメントなども手がけるデザイナーです。

なかなかこれを庭に入れることは出来ないですね!

テーマ性がはっきりわかっていいですし!

Pa034835

あまった材料などでつくったであろうベンチ。これも味があります。

Pa034831_3

Pa034833

階段上になっていて中に入ることが出来る。

Pa034836_2


階段を下れば居住スペースが。

裁縫のモニュメントをくぐれば、守られている空間に入ることが出来、

安心感を感じることが出来る。

 

自分の大好きを庭につくろう。
町田市・八王子市・相模原市での庭、外構、エクステリア、ガーデン、ガレージ施工
http://www.green2-soyo.jp/

相模原での新築 不動産は「0宣言の家」相陽建設まで。
注文住宅 町田 相模原 八王子
http://www.soyo-inc.co.jp/

2012年10月21日 (日)

ガーデニングワールドカップフラワーショー作品⑦

「ガーデニングワールドカップフラワーショー作品⑦」

新ブログバナー.jpg
自分の大好きを庭につくろう~エクステリア・外構の事なら相陽建設グリーン2まで~

10月21日(日)

今日の午前中までお客様の打合せや他の業務でてんてこ舞いでしたが、

午後からはちょっとゆっくりできるので、久しぶりに昼間のブログ更新です。

ちょっとこのゆったり感が幸せです。

みなさんもこのお庭を見てゆったりした気分を味わってはいかがですが?

Pa034826

Pa034823_2

Pa034825

Pa034827

Pa034869

今回紹介した作品ですが、

気づいた方は気づいたかもしれませんが、

日本人の方がデザインされたガーデンで、日本のお城の城壁をイメージして、

作られたそうです。

テーマは「平和の芽が育つ森」

地位や権力を争い、人と人との戦いが絶えなかった日本。
その代償に、多くの人の命を失ってきました。

この庭では、長い年月をかけ、人の手によって作られ、争いの中心であった場所が、新しい命が芽吹き、育ち、人々の心を癒す自然に戻る様を表現しています。

迫力のある石積みは戦国時代の武将が作った城跡を、曲がりくねった樹形のシラカバ・モミジなどは自然の森を、たくさんの花々はこれから大きくなる新しい命を表現しています。

身近にある緑の素晴らしさを再認識し、豊かな自然を通して、小さな命を大切にし、人を思いやる心をはぐくんでほしい、そのような思いを込め、この庭をデザインしました。

石積みが迫力があり中心のようにも思えるのですが、

その前の白い花達も存在感が大きく、すごく目立っていて、

とても石積みと植物達が調和していた作品でした。

自分の大好きを庭につくろう。
町田市・八王子市・相模原市での庭、外構、エクステリア、ガーデン、ガレージ施工
http://www.green2-soyo.jp/

相模原での新築 不動産は「0宣言の家」相陽建設まで。
注文住宅 町田 相模原 八王子
http://www.soyo-inc.co.jp/

2012年10月19日 (金)

ガーデニングワールドカップフラワーショー作品⑥

「ガーデニングワールドカップフラワーショー作品⑥」

新ブログバナー.jpg
自分の大好きを庭につくろう~エクステリア・外構の事なら相陽建設グリーン2まで~

10月19日(金)

ガーデニングワールドカップの作品紹介もかなり続いてきました。

今回の紹介する作品のはこちら。

http://www.gardeningworldcup.jp/gardenner/richard.html

今回が国際的なガーデンショー初めての参加だそうです。

しかしイギリスでは有名な建物の庭を手がけて、有名になった方だそうです。

その作品のコンセプトは

「心穏やか安らかなる庭」

私の庭は都市部の環境の中にぽっかりとできた緑のオアシスのように、静かで落ち着いた穏やかな場所であり、そこではゆっくりと羽を伸ばすことができます。

それはヨーロッパの現代クラシック様式のデザイン言語を土台に、日本由来の植物や建築素材と工法をもって作り上げた、東と西の二つの世界を融合させた庭であり、お互いを理解し、お互いを尊重することを促す目的を持っています。

ひときわその存在感を放つ石彫はこの庭の重要な要素であり、庭を訪れた人々のより近くで見てみたいという好奇心を誘い、結果より深く庭を鑑賞したいという関心を高めます。この石彫はこの小さな惑星を共有する全ての生物に生命を吹き込む太陽を表しています。

水路では絶え間なく水が流れています。しかしながら水がたどる道は一つではなく、時にはなめらかに流れ光りを反射し、また時には突然流れが速くなり乱れることもあります。これまでの長い苦難の歴史の道をたどってきた平和そのもののように。

せせらぎが聞こえる中、庭木や灌木(かんぼく)、草花、シダ、コケ、そして庭に集まる自然の生物たちの姿を眺めることにより、訪れる人々の心が休まり外界で感じる抑圧と緊張から解き放たれその疲れを癒してくれることでしょう。この庭は純粋なる静穏の美と安らかな庭なのです。

Pa034818

Pa034820

Pa034821


構造物も少なく、すっきりした印象の作品で、

ショーガーデンの中では控えめの作品でした。

なので自分の中には印象が残りにくかったのですが、

中心に置いてあるテーブルを囲んで、食事したら気持ち良いだろうなーと思った作品でした。

 

自分の大好きを庭につくろう。
町田市・八王子市・相模原市での庭、外構、エクステリア、ガーデン、ガレージ施工
http://www.green2-soyo.jp/

相模原での新築 不動産は「0宣言の家」相陽建設まで。
注文住宅 町田 相模原 八王子
http://www.soyo-inc.co.jp/

2012年10月15日 (月)

ガーデニングワールドカップフラワーショー作品⑤

「ガーデニングワールドカップフラワーショー作品⑤

新ブログバナー.jpg
自分の大好きを庭につくろう~エクステリア・外構の事なら相陽建設グリーン2まで~

10月15日(月)

ガーデニングワールドカップの作品紹介ももう5回目になりました。

今回ブログに掲載している作品の中から、すこしでもお庭のヒントになるものがあるので、

皆さんちょっとしたこだわりのポイントを見つけて下さいね。

今回の作品はこちら。

http://www.gardeningworldcup.jp/gardenner/xanthe.html

日本の伝統手法のひとつの「焼杉」を使用したガーデンです。

今回の作品のテーマ

「水がもたらす命の再生。庭に世界平和の願いを込めて」です。

この庭園は“平和と戦争”そして“生と死”という相反する二つの事象と、それらが合わさったときに垣間見える調和を表現しています。

外側の壁は焼杉でできています。木を焦がす工程は、木の生命を奪うことになりますが、それと同時に木を腐食から守ります。また、内側の壁は再生を表し、すべての命の源である水につながっています。外側と内側の壁はパーゴラによってつながり、コントラストの違う木を使うことにより、庭園に出入りするたびに、光と影の世界を感じることができます。

植物は水辺の豊かでみずみずしいものから、黒く焦げた焼杉の周辺に近づくにつれて、より熱帯地域に生息するような雑多な植物の茂みへと移り変わっていきます。散りばめられた自然石の踏み石と植物によって、庭と水辺全てが、いかりで係留される船のように、大地にしっかりと結びつけられています。

庭内のすべての草花は、ニュージーランドの自然のように、自由にのびのびとしています。この小さな庭園は、我が家のようであり、自分を見つめなおし静かなひと時を過ごす、特別な空間になるでしょう。

この庭園の理念にはまた、ニュージーランドの著名な詩人によって詠われた反核の詩が流れており、私たちの反核の立場を主張しています。ニュージーランドの重要な文化の一つである、政治よりも平和を願う気持ちを表しているのです。

といったテーマで作られている作品がこちら。

Pa034799

Pa034800_2

Pa034802

Pa034805

Pa034806


テーマがあると、その作品の花ひとつから、パーゴラ、庭全体の意味合いを感じることができますね!

なので自分の庭を造るときにも、テーマを持ったお庭にすると良いですね!

自分の大好きを庭につくろう。
町田市・八王子市・相模原市での庭、外構、エクステリア、ガーデン、ガレージ施工
http://www.green2-soyo.jp/

相模原での新築 不動産は「0宣言の家」相陽建設まで。
注文住宅 町田 相模原 八王子
http://www.soyo-inc.co.jp/

2012年10月12日 (金)

ガーデニングワールドカップフラワーショー作品④

「ガーデニングワールドカップフラワーショー作品④」

新ブログバナー.jpg
自分の大好きを庭につくろう~エクステリア・外構の事なら相陽建設グリーン2まで~

10月12日(金)

今日紹介する作品はインテリアデザイナー出身のガーデンデザイナーの方の

作品です。

http://www.gardeningworldcup.jp/gardenner/karen.html

この作品のコンセプトは

この庭は海によってへだてられた大陸を表現し、2つの浮島が世界の国々を表しています。大海は命を与え、水の壁は過去の涙を表現しています。友情を象徴する踏み石は過去と現在を結び、大陸と国々をつなぐ、輝く赤い太陽の下の道をつくりだします。コンクリートの壁は人類の強さを、風合いは文化の多様性を、そして水の流れはすべての人の精神の共通性を意味しています。この庭は住宅やオフィスガーデンへの使用に適しています。心を穏やかしに、自己と向き合う平和なひとときを過ごすことができる空間です。

Pa034812

Pa034815

Pa034811_2

Pa034816

Pa034817


このデザイナーの方のガーデンは本当に住宅の一部をここに持って来たかのような作品で、上質なテラス空間を作り出していました。

本当に都市型の現実的な庭になっていました。

こういった壁のデザインなんか雨の時など楽しむことが出来ますね!

自分の大好きを庭につくろう。
町田市・八王子市・相模原市での庭、外構、エクステリア、ガーデン、ガレージ施工
http://www.green2-soyo.jp/

相模原での新築 不動産は「0宣言の家」相陽建設まで。
注文住宅 町田 相模原 八王子
http://www.soyo-inc.co.jp/

2012年10月11日 (木)

ガーデニングワールドカップフラワーショー作品③

「ガーデニングワールドカップフラワーショー作品③」

新ブログバナー.jpg
自分の大好きを庭につくろう~エクステリア・外構の事なら相陽建設グリーン2まで~

10月11日(木)

ガーデニングワールドカップフラワーショー作品③になりました。

今日紹介するデザイナーはこの方。

http://www.gardeningworldcup.jp/gardenner/david.html

チェルシーフラワーショーに20年連続しているデザイナーで、

南アフリカの伝統を伝える庭つくりをしているガーデナーだそうです。

そして今回は優秀なパートナーと組み、ガーデニングショーに参加しているそうです。

今回のコンセプトをこちらにも記載しておきますね。

「南アフリカでは「和解」という歴史的な出来事を経て、人種差別のない民主主義へ向けての新しい国づくりが始まりました。その過程で国民は一つになり、社会の調和あるいは「平和」や繁栄を育む民俗のアイデンティティ、国民性を構築しようとしています。この目の前に広がる風景は、その過程における様々な変化を経て、最終的には互恵的な変革へと導くものです。

庭にそびえる壁は南アフリカの過去と現在の境界線を表すものです。自然な傾斜が拡がる庭はこれまでの不安やカオス(混沌)を表し、規則的な新しい庭は秩序やコンセンサス(融合)を表しています。そして多様な色や質感は、南アフリカの豊かな多文化社会を象徴しています。

庭の中心は、クラールというフェンスで囲まれた伝統的な南アフリカの住まいです。その核となるのは、円形劇場すなわち合意を意味する共通の土台であり、いろいろなことを話し合いによって解決策を見出す場所です。(日本では「調停」の場であり、アフリカでは、地域の決定事項が常に合意のもとになされる伝統的な話し合い「クゴルタ」の場所です。)

水は、生命と新たな始まりを象徴しています。庭園の題名である”Watershed”には、川や水域に流れ込む集水域の意味と、歴史の流れを大きく変える出来事の意味があります。この庭園では、水は丘の上から生命を育む雨水として「新しい」庭へと流れ落ちます。庭の中央から踏み石を渡ると、入念に踏みなれされた小道へと続きます。

「世界の混沌は不安をもたらすが、同時に創造性と成長という機会も与えてくれる。」
トム・バレット」

Pa034793

Pa034795_2

Pa034791_3

Pa034798_2

Pa034875_2

 

自分の大好きを庭につくろう。
町田市・八王子市・相模原市での庭、外構、エクステリア、ガーデン、ガレージ施工
http://www.green2-soyo.jp/

相模原での新築 不動産は「0宣言の家」相陽建設まで。
注文住宅 町田 相模原 八王子
http://www.soyo-inc.co.jp/

2012年10月 9日 (火)

ガーデニングワールドカップフラワーショー作品②

「ガーデニングワールドカップフラワーショー作品②」

新ブログバナー.jpg
自分の大好きを庭につくろう~エクステリア・外構の事なら相陽建設グリーン2まで~

10月9日(火)

一昨日から始まった連載ブログは「ガーデニングワールドカップフラワーショー作品」

の第二話です。

今日紹介する作品は恐竜を庭に取り入れた作品で、

デザイナーの母国の社会現象を庭に取入れたメッセージ性のあるガーデンになっています。

Pa034789


奥の赤いアーチが恐竜の骨を表現し、

青紫の中のパティオの空間を恐竜が襲っているようなイメージです。

しかしその恐竜も今は死に絶えて亡骸になり、

平穏に見える庭を表現しているそうです!

Pa034787


その亡骸の周りにはきれいに咲き誇った花たちが、

荒野の中を元気に育っているようです!

Pa034790


パティオの中にも骨は存在し、平和を脅かしつつも、

パティオは生活できる空間になっていました!

今日のデザイナーと作品の情報はこちらからチェックしてください!

http://www.gardeningworldcup.jp/gardenner/gabino.html

 

自分の大好きを庭につくろう。
町田市・八王子市・相模原市での庭、外構、エクステリア、ガーデン、ガレージ施工
http://www.green2-soyo.jp/

相模原での新築 不動産は「0宣言の家」相陽建設まで。
注文住宅 町田 相模原 八王子
http://www.soyo-inc.co.jp/

2012年10月 7日 (日)

ガーデニングワールドカップに行ってきました!

「ガーデニングワールドカップに行ってきました!」

新ブログバナー.jpg
自分の大好きを庭につくろう~エクステリア・外構の事なら相陽建設グリーン2まで~

10月7日(日)

先日の10月2日(火)~10月4日(木)の3日間で長崎に行ってきました!

なぜ長崎に行ってきたのかというと、

Pa034699


ガーデニングワールドカップフラワーショーが開催されていたからです!

去年も行こうと思ったのですが、

行けなかったので今年はとうとう行ってきました!

なのでブログ連載企画「ガーデニングワールドカップフラワーショー作品」

たぶん個人的に紹介しているから著作権とは問題ないと思います!笑

一番初めはランドスケープデザイナーが作成したガーデン。

Pa034781_2

ランドスケープデザイナーなので、大きく伸びやかに空間になっていました!

Pa034784_4


水の中に浮いている球体は夜になれば光るようになっているらしく、

きっと夜になるとまた別の表情に変わるはずです!

Pa034783_2

今日の紹介はこの作品。

ちなみにデザインしたのは日本の関晴子です。

下記に作品のコンセプトなどが書かれているリンクを張ったので、

興味のある方はどうぞ!

http://www.gardeningworldcup.jp/gardenner/seki.html

 

自分の大好きを庭につくろう。
町田市・八王子市・相模原市での庭、外構、エクステリア、ガーデン、ガレージ施工
http://www.green2-soyo.jp/

相模原での新築 不動産は「0宣言の家」相陽建設まで。
注文住宅 町田 相模原 八王子
http://www.soyo-inc.co.jp/

2012年10月 1日 (月)

施工例の写真が更新されました!

「」

新ブログバナー.jpg
自分の大好きを庭につくろう~エクステリア・外構の事なら相陽建設グリーン2まで~

10月1日(月)

今日から10月に入り、自分がリーダーを勤めた新卒採用も

今日が内定式です。

来年から一緒に働くメンバーを正式に内定を出すことが出来る日なんです。

なので新卒をやっている人に対しては緊張する日でもあります。

ちょっと今年内定を出した皆の顔を見るまでちょっと緊張です!笑

一昨日くらいからHPの施工例が増えました!

まだコメントが入っていなかったりしていますが、

写真だけでも楽しめると思いますので、

よかったご覧ください。

あとでコメントなども入れたいと思います!

花壇のある庭

http://www.green2-soyo.jp/article/14561627.html

レンガで統一した庭

http://www.green2-soyo.jp/article/14561068.html

弊社では珍しい和風の庭

http://www.green2-soyo.jp/article/14561244.html

どうぞご覧らんください!

自分の大好きを庭につくろう。
町田市・八王子市・相模原市での庭、外構、エクステリア、ガーデン、ガレージ施工
http://www.green2-soyo.jp/

相模原での新築 不動産は「0宣言の家」相陽建設まで。
注文住宅 町田 相模原 八王子
http://www.soyo-inc.co.jp/

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »